· 

どうしたらいい?!痛くない歯を治療されそうになった場合

皆さんこんにちは。

助手の高橋です(^-^)


今回のテーマは「どうしたらいい?!痛くない歯を治療されそうになった場合」です。


皆さんは普段、どんな時歯医者にいきますか?


銀歯が取れた時

歯がしみる時

歯ぐきが腫れて痛い時

着色が気になる時

歯石を取って欲しい時


だいたいこんな感じでしょうか?

そして、歯医者に行って気になっていた歯を治してもらったあと


「あぁ、ここにも虫歯があるから治しましょう。」となり


なおかつそれが痛くない歯だったとしたらどうしますか?

だいたいの人は、「痛くないんだから治療なんて必要ないのでは?」と思いますよね。


でも、これは大間違いなんですよ(>д<)


虫歯には、大きく分けてC1~C4の段階があります。



C1
虫歯が表面(エナメル質)にとどまるもの

C2
虫歯がもう一段階(象牙質にまで)進んだもの

C3
虫歯がさらに進み、神経の部屋(歯髄くう)にまで達し、さらに根っこの下に病気を作ってしまったもの

C4
虫歯を長い間放置した為、歯冠が崩れ、根っこだけになってしまったもの


おそらく痛くないのに治療を薦められたとしたら、C1かC2の可能性が大です。


この時点ですんなり治療しておけば、詰め物を詰める程度の簡単な治療で治せます。

なので、お金も時間もかからずに虫歯の治療が終わります。


しかし、治療をせずに虫歯を放置してしまうと


C3のような状態になり、我慢出来ないほどの激痛や、歯ぐきが腫れて膿が溜まる、などの症状が現れます。


ここまで虫歯が進んでしまうと、詰める治療だけでは治せません。

リーマー(針のようなもの)を使い、細菌に感染した根の中を消毒する治療が必要になります。


こうなると治療回数も増え、お金もかさんでしまいます。


さらにC4まで進んでしまうと、治療自体が難しく、残念ながら歯を抜かなくてはなりません。


これを読んだ皆さんは痛くないからと虫歯を放置せず、適切な虫歯治療を受けるようにして下さいね(*´∀`)



やまざき歯科では検診・クリーニングの予約を随時受付中です!!

その他、気になることがある方もお気軽にお電話下さい。


スタッフ一同、皆さんのご来院をお待ちしております(*´∀`)