· 

あれ?痛いのはどの歯?

皆さんこんにちは。

助手の高橋です(^-^)


今回のテーマは「あれ?痛いのはどの歯?」です。


皆さんは虫歯で歯が痛くなったことはありますか?



虫歯になった場合、冷たい水や甘いものがしみる、など歯の表面の虫歯であれば、痛みの元を特定することは比較的簡単です。


しかし、何もしなくてもズキズキ痛い、夜も眠れないほど痛い、など歯の中が痛い場合、痛みの元を特定するのが困難なことがあります。


これは、実際にあった話なのですが、患者さんに「どこの歯が痛いですか?」と聞くと、最初は「右上の1番奥」だったのに、「やっぱり手前の方」に変わり、最後は「あれ?下かしら?うーん、わからなくなっちゃった」となりました(^-^;


一見すると、もー自分の歯なんだからしっかりしてよ!と言いたいところなんですが、これには致し方ない人体の事情があるのです。


上の歯の痛みは、顔面の知覚・運動をつかさどる脳神経である、三叉神経の2番目の枝、下の歯は三叉神経の3番目の枝によってそれぞれ伝えられます。


同じ神経から伝達される信号なので、脳自身が正確に判別出来なくなってしまうことがあるのです。


でも安心して下さいね。


レントゲンを撮ったり、触診や打診などでほとんどの場合は痛みの元の特定が可能です。


いかがでしたか?

精密に見える人の体も、時々はこんな誤作動を起こすことがあるんですね(^-^;




やまざき歯科では検診・クリーニングの予約を随時受付中です!!

その他、気になることがある方もお気軽にお電話下さい。


スタッフ一同、皆さまのご来院をお待ちしております(*^ ^*)