· 

人種間で違う?歯の色とホワイトニングの注意点!

皆さんこんにちは。

助手の高橋です(^-^)


今回のテーマは「人種間で違う?歯の色とホワイトニングの注意点!」です。


皆さんは、テレビで陸上競技などを見ていて、黒人選手の歯が白いと思ったことはありませんか?


あれは、黒い肌との対比で歯が白く見えているわけではなく、実際の歯の色が白いんです。

これは、元々の髪色が金髪の人にも言えること。

人種間で違いがあるんですね。


一方、我々日本人やアジア圏の人の歯の色は、どちらかというと黄みが強めの白色をしています。



歯の色が違う理由は大きく分けて2つ


1つ目は歯の表面を覆っているエナメル質の厚さ

2つ目はエナメル質の下にある象牙質の元々の色


日本人の平均の歯の色はA3~A3.5と言われているのですが、年齢を重ねるとエナメル質も次第に薄くなっていくので、若い頃よりも歯の色は黄み又は茶色みが強くなります。


又、コーヒー、お茶、赤ワインなどでも歯が茶色くなることがありますが、この場合はクリーニングできれいにすることが出来ます。


ここ数年流行っているホワイトニングは、象牙質を高濃度のオキシドールで漂白することで歯を白く見せる施術です。


しかし、人によっては知覚過敏(歯がしみる)症状が出てしまうことがあるので、ホワイトニングを考えている方はご注意下さい!!


職業柄、テレビを見ていると顔よりもつい歯に目がいってしまうのですが、最近の芸能人の歯はどうみても白過ぎだなぁと感じます。


余りにも白い歯は逆に不自然だと思うんですけどね。

これも1つの流行なのかもしれません(^-^;



やまざき歯科では検診・クリーニングの予約を随時受付中です!!

その他、気になることがある方もお気軽にお電話下さい。


スタッフ一同、皆さまのご来院をお待ちしております(*´∀`)